· 

高尾山に登ってみた。

はじめての高尾山

今年の10月に上高地に行きまして、自然に触れることの素晴らしさが身にしみてわかってきた今日この頃であります。その影響もあって、高尾山への登山に向かったわけです。アクセスしやすく近いのも決め手になりました。ちょうど紅葉の季節ですので、カメラ片手に写真を撮る良い機会にもなりました。

 

ただ、食事をする予定のお店(不定休)が休みで、期待していた食事はできなかったのが残念ではありました。また次回の楽しみにしましょう。


自然の中は気持ちがいい。

とにかく自然の美しさに目が惹かれます。「綺麗だなぁ」なんて言葉が自然と口からでてきます。歳をとるにつれ花鳥風月の良さがわかってくるなんて言いますけど、その通りなのでしょうか。若い頃とは感じ方が違うのは確かではあります。それにしても自然は良いなぁ。

Instagramが捗る。

フォットジェニック(写真写りが良い、写真が映える)とでも言うんでしょうか。自然の風景は写真の撮り甲斐があります。最近投稿し始めたインスタにも映える写真が撮れるわけです。と言っても、インスタ映えについて正確な意味は知りませんでした。調べてみると様々な工夫やら思惑やらがわかって面白い。映えるための写真を撮るのも、一つのモチベーションになるのでしょうね。

登山の次の日は大変。

高尾山口駅から高尾山山頂へ、そこから1時間かけて小仏城山の山頂まで行きました。お昼休憩を済ませて、別のルートを辿って高尾山方面へ引き返しました。

 

時間にして4〜5時間は歩くことになりました。段差のある階段や、急な坂道が続く場所もあったので、足の筋肉は悲鳴をあげることになります。翌日からは筋肉痛がしばらく残ることになりました。ここ最近のランニングで鍛えた足でも結構な負担を感じました。登山には体力が必要ですね。