· 

Nintendo Switchを買った。久しぶりのゲーム機本体に興奮中。

クリスマスということでNintendo Switchを買いました。久しぶりのワクワク感に浸っています。

ゲームとの付き合い

初めてゲームをしたのは小学校に上がる前くらいだったと思います。当時ファミコンが発売した頃でした。近所のファミコンを持っているお家に遊びに行って、遊ばせてもらっていたました。

 

初めてゲーム機本体を手にしたのはスーパーファミコンでした。

初めてのソフトはスーパーマリオワールドでした。1990年のクリスマスに買ってもらったんだと思います。28年前ですから、当時7歳だったようです。

スーパーファミコンを購入してからはゲームにどっぷりハマっていきました。学校が終わったらすぐに家に帰るようになります。新しいゲームソフトが発売されるのが、いつも楽しみだったのを覚えています。お小遣いはスーファミのソフトに消えていくのでした。

1994年にプレイステーションが発売されました。当時好きだったソフトはRPGがほとんどで、アークザラッドやファイナルファンタジーに夢中になりました。懐かしい。

1996年にはポケットモンスターが発売されたのでゲームボーイを購入。

2000年にはPlay Station2が発売されます。グラフィック技術の進歩に驚かされたのを覚えています。ゲーム以外でも様々な技術の進歩があった時代でもありました。

そこまで多くのゲーム機を持っていたわけでもありませんが、いつもゲームと共に過ごしてきたように思います。パソコンを購入してからはネットゲームをしたり、PlayStationPortableではモンハンにどハマり。 iPhoneを手に入れてからはゲームのアプリ。つくづく思いますがゲームって面白い。

ゲームから離れようとした時期もある

意識してゲームをしないように努めた時期もありました。一度ゲームをはじめてしまうとやめられず、ゲームばかりに時間を費やしていた時もありました。

 

ゲームばかりしていると生活のバランスが崩れていくわけです。やるべきことから逃げるように、ゲームに向かってしまうのは現実逃避になります。

 

今はというと、つかずはなれずの距離感を保ってゲームと接しています。一番やっていた時期に比べれば激減したとも言えます。楽しいけれどゲームばかりもやっていられない。何かを成そうとすれば時間が必要になりますから、ゲームに使う時間を優先度が低くなるものです。

やっぱりゲームって楽しい

想像力を膨らませてくれる。ストーリーを楽しめる。楽しい時間に浸れる。ゲームをすることは時間の無駄だったなんて思ったこともあった。けれど、ゲームをしていた間は幸せだった。なにより夢中になれるものはそうはない。

 

なんの制約もなければゲームをずっとしていたいなんて思う。だが、他にもやりたいことがあるのでそうもいかない。

 

でも、たまにならゲームに戻ることがあってもいいのかもしれない。夢中になれる時間は何より幸せだ。ちょっぴりだけ楽しい時間に浸るのを許してほしい。