· 

マイナス思考から抜け出す9つの習慣【読書】

マイナス思考への対処法を知るべく手に取りました。自分はマイナス思考になる傾向がありますし、なんとかしたいと思っています。考え方を切り替えるのは難しいことですが、良い思考へ変わるようにアップデートしていきたいですね。

どう考えたらマイナス思考から抜け出せるかを解説した本です。抜け出すためには思考の習慣が重要であり、9つの考え方を習慣にして身につけることがテーマになります。図解版ということで、ここだけ読めば良いといったまとめがあったり、重要な箇所は強調されていたり、図解があったりと、読みやすいよう工夫されています。

気づき

  • マイナス思考から抜け出せない人の特徴
    • 漠然とした不安や心配を堂々巡りさせている
    • 物事を先延ばしにして、行動できない
    • 完璧にやろうとしすぎて疲弊する

 

  • 自己分析をして、自分の考え方の傾向を知る
    • 自分軸を明確にする

 

  • 自己受容

 

  • 書くことが重要
    • 感情や思考を具体化する

 

  • できることに集中する
    • できること、できないことがあるのが当然であると理解する

 

  • 迷うのはやりたい気持ちがあるから。
    • 行動に移せないことを書き出す
    • リスクの先に成長がある

 

  • ハードルを下げて、とりあえずやってみる
    • 悩んでばかりで決断も行動もできずにいる状態がストレスになる
    • 実験だと思えばいい

読み終えて

納得がいった項目、納得いかず響かなかった項目、どちらも見受けられました。書籍に書いてあることはあくまでも一意見として捉え、自分に合う合わないを選択して取り入れていこうと思います。

 

こういったメンタル関連の書籍を何冊か読むと共通点が見えてきます。同時に、矛盾した考えもあり混乱することもあります。ですが、どのように考えるかは自分が決めなければいけない。本がくれる情報はあくまでヒントで、答えを選ぶのは自分ということです。

マイナス思考を抜け出すヒントがある

一時期ですがマイナス思考から抜け出せず苦しんだ経験があります。自分の思考を変えることで良くなりましたが、その際に助けになったのは読書でした。読書をしたり情報を集めることが、思考を変えるためには欠かせないと思います。

 

思考を変え、思考を定着させるには時間がかかります。なんども紙に書いたり文字にして、意識的に目にするようにしました。そして最後は、自分で考えなければいけない。その考え方をするのはなぜなのか、ああでもないこうでもないと考えをめぐらせ、納得した上で思考を習慣化しなければ身につかないのです。