· 

パーソナル・マーケティング

パーソナル・マーケティングと名のつく書籍ですので、個人がマーケティングを学ぶのに有益な情報が載っていそうです。

気づき

  • マーケティングの基本
    • ターゲット、ニーズ、ロジック、コンテンツ、プロモーションなどを学ぶ
  • 個人のブランディングが必要
    • 信用を積み上げる
    • 認知度を上げる
  • 自分を知る
    • 自分軸を持つ
    • 自分を客観的にとらえる

個人の発信力が評価される時代

インターネットの発達に伴い、個人の発信力が評価される時代になりました。

 

ツイッターやインスタグラムなどのSNS各種、ブログやYouTubeで情報発信を続けると、仕事やビジネスにつながることもあります。

 

なにかを成し遂げたい個人にとって、このチャンスを生かさない手はないでしょう。

 

自分を知ってもらい評価されるためには、世の中に向けて情報を発信する必要があります。

ネットを活用してアピールするとなれば、マーケティングの知識が役に立つはずです。

まとめ

マーケティングの基本

マーケティングの基本は、ターゲットやニーズを考えること。

 

誰の役に立つのか、どんなことが需要があるのかを考える。

 

個人のブランディング

個人が影響力を持つには、認知度を上げる努力をする。

結果として信用が積み上がる。

 

「個人ブランド=認知度+信用」が方程式。

自分を知る

「自分がどうしたいのか」を明確にする。

 

自分の価値観を明確にする。自分軸を持つ。自分を知る。

自分の価値観を明確にすることの重要性は、他の書籍でも幾度となく登場しています。

最近だと『メモの魔力』で詳しく言及されていました。

 

『メモの魔力』ブログ記事へ

自分の価値観を明確にすることがいかに重要かがわかりました。