· 

コンテンツ別ウェブサイトの著作権Q&A

ブログを書いたり、YouTubeに動画を投稿していると、著作権の問題は避けて通れません。

創作への自由を手に入れるためにも、著作権を理解することが必要となるでしょう。

著作権を知らないと問題が起こる

知らなかったでは済まされない

世の中には「パクリ」が問題になることがあります。

他人が作ったコンテンツをそっくりそのまま真似してしまう人がいるのです。

意図的に著作権を侵害しているわけですから、問題になって当然ですね。

 

著作権を知らずに創作をした結果、著作権を侵害している人が多いのも事実です。

動画投稿サイトやウェブサイトでも、著作権の侵害は頻繁に見られます。

 

多くの人が著作権を理解していない。

訴えられないから問題ないと思っているかもしれませんが、知らなかったでは済まされないことです。

創作への自由が奪われる?

著作権の気にしすぎるあまり創作の自由が奪われてしまうことにもなりかねません。

著作権の知識があやふやだと、創作や発信する際の不安につながります。

 

違反がないか気になってしまい、自由な発想ができないのです。

動画制作をするとき、ブログを書くとき、ホームページをつくっているとき、様々な場面で著作権への配慮が必要になります。

 

この不安を解消するためには、著作権の知識を学んで身につける必要があります。

気づき

  • 引用や写り込みについて
  • 肖像権とパブリシティ権について
  • 名誉毀損について
  • 写真
    • スナップ写真:他人が写り込んでいても肖像権の侵害にはならない。
    • 位置情報:他の人が写り込んだ学校の運動会の様子などはNG
  • 動画
    • 通行人の写り込み
      • 通常は許諾不要であり、「社会生活上受忍すべき限度」を超える時に違法になる。
      • 写り込んだ人物が動画内で誰かとくてきできないようであれば、肖像権の侵害とはならない。
    • BGM(お店で流れていたBGMが、動画に意図せず紛れ込んだ場合)
      • 「軽微な構成部分となるものに限る」
      • 「著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りではない」
    • 歌ってみた・踊ってみた
      • アーティストの楽曲をそのまま使用するのは、著作権や著作隣接権の侵害となる
      • カラオケで歌った動画もNG
  • NG
    • キャラ弁の写真(著作物の複製、自動公衆送信権の侵害)
    • スポーツイベント(放映権などに関連して好ましくない)
    • 映画やアニメのワンシーンを切り取って利用する
    • 歌詞の掲載(「引用」ならば著作権侵害にならない)

まとめ

2018年8月に発売されており、近年の状況におけるケーススタディが紹介されています。

日常で気になっていたことが取り上げられているので、広い範囲で著作権のことがわかります。 

 

個人的には、動画制作やブログを書く上で気になっていた著作権について理解が深まりました。

やってはいけないことが明確になると創作における不安もなくなります。

権利関係に不安があるなら、読んでおいて損はないでしょう。